セックスレス

セックスレスが辛い理由は?原因や乗り越えるための対処法

 

「セックスレスが辛い、、、」

「セックスレスの原因は何なの、、、」

 

セックスレスという言葉を耳にすることが増えてきましたが、具体的にどのような状態を指すのでしょうか。

セックスレスは、夫婦やカップルの間で、一定期間性的な関係が持たれない状態を指します。

この状態がどれだけの期間続くとセックスレスと認識されるのか、また、なぜセックスレスが問題とされるのか、その背景や影響についても考える必要があります。

 

この章では、セックスレスの基本的な定義と、それに伴う夫婦の心理的な側面について詳しく解説しますね。

 

さらに、夫とのセックスレスが辛くて悩んでいる方へ。

今、期間限定で「夫婦和合祈願や想念伝達で夫の愛情を取り戻す方法」を公開しています。

 

1人で辛く悩むよりも、確実に夫とのセックスレス解消の可能性が上がるので、ぜひチェックしてみてください!

 

 

 

セックスレスとは

セックスレスの定義

 

セックスレスの定義は、「カップルの合意した性交あるいはセクシュアル・コンタクトが1か月以上ないこと」とされています。

この定義は日本性科学会によって提唱されており、一般的に広く認知されています。

しかし、この「1か月」という期間は絶対的なものではなく、カップルや夫婦の間での合意や感じ方によって変わることがあります。

例えば、あるカップルは2週間の間に性的な関係がないだけでセックスレスと感じるかもしれません。

一方で、別のカップルは半年以上の間に性的な関係がなくても、それを問題と感じないこともあります。

 

日本の夫婦間でのセックスレスの現状

 

日本における夫婦間のセックスレスは、近年増加傾向にあります。

多忙な日常やストレス、体の変化など、さまざまな要因がこの背景にはあるとされています。

また、日本の文化や価値観、夫婦の役割に関する伝統的な考え方も影響していると考えられます。

最近の調査によれば、日本の夫婦の約40%がセックスレスとされており、この問題は深刻化していると言えます。

この状態が続くと、夫婦間のコミュニケーションの欠如や心の距離の拡大を招くことがあるため、早期の対処が求められます。

 

セックスレスが辛い3つの理由

 

多くのカップルや夫婦が「セックスレス」の状態に悩む背後には、さまざまな心理的な要因が存在します。

セックスレスが辛い主な理由は以下の3つです。

  1. 自信の喪失と自己評価の低下
  2. 愛情の不足を感じる
  3. 周囲とのコミュニケーションの難しさ

 

性的な関係は、人々の自己評価や愛情の確認、さらには社会的なコミュニケーションにも影響を与えるため、その欠如は多くの問題を引き起こす可能性があります。

 

自信の喪失と自己評価の低下

 

性的な関係は、多くの人々にとって自己の魅力や価値を確認する手段となっています。

そのため、長期間のセックスレスが続くと、自分に自信を持てなくなり、自己評価が低下することがあります。

特に、パートナーからの拒絶を繰り返し経験すると、自分が愛されていないのではないかという不安。

また、自分に何らかの欠陥があるのではないかという疑念が生まれることがあります。

 

愛情の不足を感じる

 

性的な関係は、愛情の表現の一つとして捉えられることが多いです。

そのため、セックスレスの状態が続くと、パートナーからの愛情が不足していると感じることがあります。

この感覚は、日常生活の中でのスキンシップの欠如や、コミュニケーションの不足とも関連しており、夫婦間の心の距離を広げる要因となることがあります。

 

周囲とのコミュニケーションの難しさ

 

セックスレスは、多くの人々にとってタブーとされるテーマです。

そのため、友人や家族にその悩みを打ち明けるのが難しく、孤独感を感じることがあります。

また、セックスレスの状態が続くことで、パートナーとのコミュニケーションも難しくなり、関係の摩擦が生じることがあります。

 

セックスレスの主な原因

 

セックスレスの背後には、多様な原因が存在します。

セックスレスの主な原因は次の3つの観点になると言われています。

  1. 妊娠や出産による体の変化
  2. 体力や性的機能の衰え
  3. 関係のマンネリ化

 

セックスレスの主な原因を3つの観点から詳しく解説します。

 

妊娠や出産による体の変化

 

妊娠や出産は、女性の体に大きな変化をもたらします。

ホルモンバランスの変動や体の変形、さらには授乳や子育てのストレスなど、これらの要因が性的な欲求の低下を引き起こすことがあります。

また、出産後の疲労や産後うつも、性的な関係を避ける原因となることがあります。

夫婦間でのサポートや理解が不足すると、この状態が長引く可能性が高まります。

 

体力や性的機能の衰え

 

年齢とともに体力が低下することは自然なことです。

この体力の低下は、性的な活動にも影響を及ぼすことがあります。

特に中高年以降、男性は勃起不全、女性は更年期障害など、性的機能の衰えを感じることが増えます。

これらの症状は、セックスに対する恐怖や避ける傾向を生むことがあります。

 

関係のマンネリ化

 

長い間同じパートナーとの関係を続ける中で、新鮮味を失い、関係がマンネリ化することがあります。

初めての経験や驚きがなくなると、性的な関係もルーチン化し、その魅力を失ってしまうことがあります。

このような状態を打破するためには、新しい経験を共有することや、コミュニケーションを深めることが重要です。

 

セックスレスが辛いときの対処法

セックスレスは、多くのカップルや夫婦が直面する問題ですが、下記の4つの対処法を取り入れることで、関係の質を向上させることができます。

 

  1. コミュニケーションを大切にする
  2. スキンシップを意識的に増やす
  3. 自分自身のケアを忘れない
  4. セックスレス問題に強い専門家のアドバイスをもらう

 

コミュニケーションを大切にする

 

コミュニケーションの不足は、多くの関係の問題の根本原因となります。

セックスレスの背後にも、しばしばコミュニケーションの障壁が存在します。

定期的にパートナーとの「話し合いの時間」を設け、感じていることや考えていることを正直に共有することが重要です。

また、相手の話を聞く際には、非難や評価を避け、受容的な態度で耳を傾けることが求められます。

 

スキンシップを意識的に増やす

 

スキンシップは、愛情の表現や絆を深める手段として非常に有効です。

特にセックスレスの状態が続いている場合、日常的なスキンシップを増やすことで、お互いの距離感を縮めることができます。

例えば、家事をしている際の軽いタッチや、寝る前のハグなど、日常生活の中での小さなスキンシップを意識的に取り入れることが推奨されます。

 

自分自身のケアを忘れない

 

セックスレスの状態が続くと、自己評価が低下することがあります。

このような時、自分自身のケアや自己肯定感を高めるための活動を取り入れることが重要です。

例えば、趣味や運動、瞑想やリラクゼーションなど、自分を大切にする時間を持つことで、心のバランスを保つことができます。

 

セックスレス問題に強い専門家のアドバイスをもらう

 

セックスレスの問題は、単なる物理的な問題だけでなく、心理的、感情的な要因も大きく関わっています。

そのため、自分たちだけで解決しようとすると、なかなか前に進めないことも。

そんな時、第三者の視点や専門的な知識を持つ「専門家」の意見やアドバイスが非常に有効です。

セックスレスの背後には深い心の問題や過去の経験が影響していることも考えられます。

そんな時、電話占いを利用してみるのも一つの方法です。

電話占いの中には、恋愛や人間関係の専門家として、セックスレスの問題に強い占い師も多く在籍しています。

彼らは霊的な視点からのアドバイスや、あなたたちの未来の可能性を示唆してくれることで、新しい視点や希望を提供してくれます。

セックスレスの問題を乗り越えるための一助として、電話占いのサービスを検討してみるのも良いでしょう。

 

電話占いであれば顔を見せずにデリケートな話もできるのでおすすめです

 

まとめ

 

セックスレスの状態が続くことで、夫婦間のコミュニケーションの欠如や信頼関係の崩壊など、さまざまな問題が生じる可能性があります。

このような状況に直面したとき、まずは夫婦でしっかりとコミュニケーションをとることが大切です。

また、専門家の意見を受けることで、より具体的な解決策を見つける手助けを受けることもできます。

プロの視点やアドバイスは、夫婦関係の再構築や向上のための大きなサポートとなるでしょう。

最終的には、お互いの努力と理解が必要ですが、外部のサポートを受けることで、より良い方向へと進む手助けを受けることができます。